まだ小さい子供にサプリを飲ませてもいいの?

サプリを飲み始める年齢

日本はサプリメント後進国と呼ばれているものの、大分時代も進んで今ではすっかり市民権を獲得した感がありますよね。サプリを身体の為に飲んでいた人が親になってから、子供や孫にも飲ませるようになってきています。厚労省の統計では、小さな子供にサプリを与える場合は二歳から三歳くらいから始めることが多いという結果が出ているとのこと。こんなにも早いなんて意外ですよね。物心つく時にはすでにサプリメントが生活の一部となっているんです。

サプリを飲ませる動機

幼児のうち、どれくらいの割合の子供がサプリを飲んでいるのか。まだ一歳児の頃には5パーセントにも満たなかったのに、六歳児になると10パーセント以上を超えています。年齢が上がるにつれて利用者の割合がグングン伸びているんです。親が子供に飲ませる動機や、栄養不足を補う為だったり、骨を丈夫にしたい、賢くなってほしいと言ったものなどです。親御さんは子供の成長のためや学力アップのためを思って与えているのですね。

本当に必要なのかどうか

子供に飲ませているサプリメントは大人用を与えている所が多い傾向があります。子供用のサプリもあるものの、子供に実際に服用テストして作られているものはないのではと言われていますよね。安全性や健康性のテストをパスしたものでも、まだ幼児には飲ませなくてもよいものもあります。食事では補いにくい成分の入っているサプリであっても、基本は食事からにしつつ、医師に相談してから服用を決めていくのが最良の方法ではないでしょうか。

エンジェルアップはバストアップ効果を得られるサプリメントで、飲むだけで良いので気軽に始めることが出来ます。

未分類カテゴリーの記事